#認知症の早期の気づき機能を搭載#服薬管理機能も搭載

『見守りプラス認知のアイシル』はセンサを用いた見守り機能に

認知症予防対策を搭載した高齢者支援システムです。

センサを用いた24時間見守り機能に加えて、

押しボタンを用いた認知症の早期気づき機能を搭載し、

早期認知症(MCI)の早期発見につなげます。

アイシルを使えば効率的に服薬の管理が可能です。

声掛け機能が搭載されており、薬の飲み忘れを防止できます。

又、お薬ボタンにより家族や介護者が服薬したことを確認することができます。

日々の暮らしの中での押しボタンを押すだけで、認知症の早期気づきを行います。

#知的にサポート#超高齢化社会を支える

プラズマローゲンは年齢を重ねると共に減少してしまいます。

テレビでも特集された話題のホタテ由来のプラズマローゲンを高純度配合。

最近では若年性認知症なども増えてきているとも耳にしますし、

何も分からないままの最期のお別れは、本当に悲しいです。

#オープン就労かクローズ就労かで悩んでいませんか?

難病がある方で、下記のような悩み・希望はありませんか?
#疾病を伏せて働いてきたが、今後は疾病の事を伝えて
 通院等の配慮がある企業で働きたい。
#体調の事を考えると事務職を希望するが事務職の経験が無い。
#疾病発症後、社会経験が少なく働くことに不安がある。
#どのように就職活動をしたらよいかわからない。
#治療と仕事を両立させたい。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

就職活動はプロと一緒に。
難病専門の研修×障害者の転職サポート実績業界No.1 atGPとの連携
日本初!難病の方専門の就労移行支援サービス【ベネファイ】    

↓詳細はコチラ↓

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

▶これまでに 8,000名以上の障がい者の就職をサポートしてきた実績

 

"◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 就職を目指す障害のある方の就労移行支援事業所【LITALICOワークス】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
就労移行支援LITALICOワークスは、障害のある一人ひとりを理解し、

その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、

その人が安心して職場で活躍できるように、関係機関と協力しながら支援します。

働くことに悩んでいる障害のある方へ。障害・就職のこと、一人で悩んでいませんか?
まずはお気軽にご相談ください。就労支援のプロが悩みや不安を伺います。

▼詳細はこちら

#認知症検査#ふるさと納税で税金対策にも◎

定年退職などで退職金を受け取った方や、不動産を売却された方は特に、

ふるさと納税で税金対策にもなりますね。

夫婦でも一人旅でも、伊東の温泉で人間ドック、素晴らしいアイデアです。


 

#親の介護は子供の義務ではない▶なぜか?

(現役世代の)介護離職だけは、やめてください。なぜか?

殆ど、上手くいかず不幸になっているケースしかない。。誰も幸せになってない。

介護離職して、経済的に困窮し、精神的に追い詰められた家庭が殆ど。

キャリアが分断されるのはもちろん、再就職も上手くいってないケースばかりです。

もし、どうしても親の介護を見たい方は、介護離職や、正社員⇒パートではなく、

介護休業・介護休暇制度を利用するか、同様の制度がある企業へ転職してください!

また、介護業界の現場で働く方や経営者と話した際も、

「自分の親の介護はできない。難しい。」との言葉が印象に残りました。

親も元気なうちに「自分が要介護や認知症になった時は、介護サービスを利用して欲しい」旨を伝えておきましょう。

介護保険制度が始まってまだ20年程度だが、沢山の介護サービスが全国に行き渡り、

介護福祉士認知症関係の高度な知識・技術を持つ、介護のプロが活躍されている。

昔はこういった介護・福祉のサービスがなかったから、家族で世話するのが当たり前だったが、

今は昔と違い、3世代で暮らしている家族も少なく、家のそばで商売・農業しているところも少ない。

環境や前提が全く違う世界になっているのに、昔のやり方・価値観では不幸な人が増えるだけなのです。

▶まずは事実・現実を受け入れること

レコーディングダイエットも、成績UPの為の勉強も、仕事も同じですが、

今の「現状を正しく受け入れること」がスタートです。

ここで感情や思い込み、願望を入れてしまうから、

その後が良くならない。検討違いな事をやってしまい、事態を悪化させるだけ。。

結局、それでは誰も幸せにならない。自分もしくは家族が将来困るのです。


 

何事も【目を背けない。逃げないこと。】それが解決への道ですし、

完全に解決できなくても、折り合いをつけることができるかもしれない。


 

でも過去の常識に囚われたり、事実を隠そうとすれば、

そのツケは必ず回ってくる。

いろんな相談ができる専門家は、この世にはいますし、

誰もスーパーマンや神様になって何でもかんでも

抱え込むことは期待してません。

誰かに話してみるだけでも、気持ちが少し軽くなります。